www.i4detail.org
以前に茶道を少しだけかじっていたことがあるので、その縁でお茶はすごく身近な飲み物に感じます。 茶席での作法や袱紗の扱い方、そして実際にお茶をいただくまでのステップが多くてやや面倒というのが正直な感想でしたが、日本の良い文化だと思います。 今も茶道具は持っているけれど押入れに眠ったままなので、抹茶を点てるといったことはほとんどしなくなりました。 家でお茶会を開くことが昔は度々あったので、本格的にやろうと思い毛氈なども気合を入れて揃えたというのに、最近は機会がなくなったのが残念です。 だから今はもう市販の緑茶で喉を潤しています。 でも、茶道で育てられたお茶の習慣は捨てきれず、お茶請けには和三盆を用意しているのです。 というのも、昔の茶道の先生がたまに和菓子をもってきてくださるので、それに影響されて私もしっかりしたお茶を点てなくても、お菓子は茶道で使うようなものにしようと意識しました。 こういう、内に秘めた心構えってすごく大事ですよね。