www.i4detail.org
新卒での就職活動に失敗してしまうと、本当に後の人生で苦労をする、と言われる時代がありました。 今も日本では新卒採用がかなり多いという特殊な国ですが、だんだんと中途採用の枠が増やされていることも事実です。 それは、人を育てるという余裕が会社側になくなってきたということが理由の一つでしょう。 昔は会社に入れば長い間勤め続けてくれるという前提があり、それゆえに手厚い研修が新入社員には施されていました。 つまりは新入社員に対する研修は「投資」だったわけです。 しかし、転職が気軽にできる時代になり、キャリアを身に付けるために入社する人や、 キャリア形成をする前に個人的な理由で会社を辞めてしまう人が増えた結果、 研修を施すことの費用対効果が著しく悪くなってしまいました。 それが、今の即戦力を求める中途採用の枠の増加につながっているわけです。 これは新卒の人にとっては不利になるかもしれませんが、そのほかの人々のとってはチャンスです。